BitmapのsmoothingとPixelSnappingの謎

今日FlashでBitmapをいじっているときに、Flashってこういう仕様だったっけ?という現象に出会ったのでメモ。

『ActionScript用に書き出し』するとスムージングされなくなる

『ActionScript用に書き出し』されている画像をFlashIDE上で配置すると、スムージングにチェックを入れていてもスムージングされなくなる。
ActionScript用に書き出しのチェックを外すと右の画像も左の画像と同じようにスムージングがかかる。
 

flaファイルはこちら(CS4)
 

PixelSnappingのNEVERが効かない?

上のFlashはActionScriptで配置したビットマップと、IDE上に配置してあるSpriteを毎フレーム0.1ピクセルずつ移動させたもの。ASで配置した画像は以下のようにPixelSnappingをNEVERにしているが、実際はピクセル吸着されていてスムーズに横移動していない。

ACTIONSCRIPT:
  1. var sky1:Bitmap=new Bitmap(new Sky(0,0),PixelSnapping.NEVER,true);
  2. addChild(sky1);

 
ActionScript 3.0 コンポーネントリファレンスガイドによると、PixelSnappingがAUTOのときは以下の条件でピクセルに吸着される。
 
AUTO : String = "auto"
[static]Bitmap オブジェクトの pixelSnapping プロパティで使用される定数値です。ビットマップイメージが回転または傾斜なしで、99.9% ~ 100.1% の縮尺率で描画される場合に、ビットマップイメージが最も近いピクセルに吸着することを指定します。

 
上のFlashもsky1.rotation = 0.5としたり、sky1.scaleX = 1.01とすると、ピクセル吸着しなくなるのだけど、それだとpixelSnappingのAUTOとNEVERには違いがないということになってしまう。

flaファイルはこちら(CS4)

progressionでindex.html#に飛んだときのブラウザの挙動の回避法

progression(というかswfAddress?)でトップページを/indexにしてしまうと、他ページからトップへ戻るときにURLが「index.html#」となってしまうため、ブラウザウィンドウがトップまでスクロールしてしまいます。
 
以下がその例。(一番下にメニューボタンがあるのでHOMEを押してみてください)

・Sample01
 
PAGE1やPAGE2など、他のページへの遷移時にはブラウザがスクロールしないのに、HOMEへ飛んだときだけブラウザがスクロールします。
 
Flashやjavascriptでなく、htmlを変更することでこの挙動を回避できる方法を偶然見つけました。
条件は限られますが、方法はめちゃくちゃ簡単。swfObjectで代替されるスタイルシートのdivのidをbody直下のものにするだけです。progressionで言うと、body直下のidは"content"ですが、これを"flashcontent"に変更します。
 
・Sample02(swfファイルはSample01と同じものです)
 
中身良くわかってない上での回避法なので、一応変更時には他に不具合が発生しないか良くチェックしてみてください。htmlを変更するので当然noflaの表示などはCSSの調整が必要です。

あけましておめでとうございます


 
あけましておめでとうございます。
あっという間に2011年ですね。

今年の抱負もいろいろとありますが、細かい目標で言うとブログをもうちょっと更新したいと思います。
あとマンガや小説ばっかり読まずに、技術系の本を読む。

北海道北海道

今週、遅めの夏期休暇を取って北海道へ旅行に行ってきました。
良く考えたらプライベートで飛行機乗って旅行するの、10年ぶりくらい。
 

支笏湖

空港到着後ドライブを始めてすぐ、周囲に山のない、だだっ広い景色からくる開放感で浮かれる。ちょっとこれ日本じゃないみたい!
最初は千歳空港から車で一時間ほどの距離にある支笏湖へ。


一周約40kmくらいの湖。北海道全体に言えることだけど、ゆったりしていて広い。
 

行く前は少し寒いかもしれないと思っていたけど、天気が良くて暑いくらい。
それでも関西に比べればだいぶ涼しい。
 

\じゃがバター!/
 

赤トンボ、撮るの飽きるくらいいっぱい飛んでました。
 

水の透明度がすごく高い。飛び込みたい。
 

夜ご飯


カニは食べにくいのであまり好きではないということを再認識。
 
Read more »

iPhoneで使える3Dファイル“PODファイル”の書き出し設定のメモ

  • 2010-09-13
  • 3D

8月は6年ぶりくらいで3Dソフト使う仕事ができる機会に恵まれましたよ。

内容はiPhoneアプリで使うアニメーション用のファイルをPODというiPhoneで使える3Dファイルで用意するというもの。その時の書き出し設定がシビアでかなりはまったので忘れないようにメモ。
 
結論からいくと、以下がうまくいったときの設定画面のキャプチャ。


 

  • 大事なのは右真ん中のPrimitive TypeとTriangle Sort。
    これ以外だとiPhoneでうまく読み込めない
  • 右上のExport skin modifiersはボーンアニメーションなどを書き出したいときにチェックする
  • 左のExport animationはアニメーションがないときはチェックしなくて良い

 
続きで少し解説します。
 
Read more »